八百祢の世界 ~東北の魔法使いセミリタイアを目指す~

普通のサラリーマンが3000万円貯めてセミリタイアを目指しています。

夏場のエアコン使用に於ける電気代について

f:id:yaonenosekai:20190910215310p:plain


八百祢です。

夏前にエアコン付けっ放しについて記事を書きました。

yaonenosekai.hatenablog.com

電気代の結果が出たので、報告と訂正をさせていただきたい。

エアコンを使っていない期間と電気代は以下のとおりです。

2019年7月9日~2019年8月8日まで

使用量138kwで4,006円となっております。

8月の頭にちょっとエアコンを使う機会がありましたが、そこは勘弁してくだしあ。

エアコンを使った期間と電気代は

2019年8月8日~2019年9月9日まで

使用量190kwで5,415円となりました。

以前の記事に書いたようにエアコン使用に於ける電気代は、概ね1,500円/月の増加と推察されます。

ガッ!

ここでボクの積算の甘さを謝罪しておく必要があります。

24時間付けっ放しと謳っておりましたが、今年はエアコンをつけるほど暑くない期間が多く、実際は24時間エアコンをつけていたのは8月頭からお盆期間終了までの20日ほどの稼働になっていました。

 

それと電気代を考えるにあたって考慮しないといけないのは外気温の差です。

ボクの住んでいる東北地方太平洋沿岸部は非常に涼しいところです。

夏場昼間の温度は32度から34度くらいまでしかあがりません。

夜は熱帯夜になることもなく、30度以下まで気温が下がるでしょう。

一方首都圏は昼間35度以上、夜も30度以下になることは少ないのではないでしょうか?

エアコンの温度は27度に設定していましたが、室温32度から27度にするのと、35度から27度にするのでは、エアコンの稼働率が違うと思うのですよ。

温度を5度下げるのと、8度下げるのでは消費電力に差が出るのも当たり前よね。

室外機の設置場所によっても稼働率は変わってくると思います。

以前の記事で「エアコン24時間付けっ放しで1,500円くらい」と断言してしまいましたが、それは環境によって変わると訂正します。

付けっ放しの方が電気代が安くなる場合があるのはメーカーも謳っていますが、電気代が〇〇円と言うのは語弊があったと思います。

一応の指標にはなるとは思いますが、使用環境・エアコンの性能によって金額に差が出る場合があることを付け加えて訂正します。