八百祢の世界 ~東北の魔法使いセミリタイアを目指す~

普通のサラリーマンが3000万円貯めてセミリタイアを目指しています。

高配当株の銘柄を選んでみました

八百祢です。

配当金を貰うべく、高配当株を探しています。

キャピタルゲインを狙っているわけではないので、安定して配当金を貰える銘柄を選びました。

概ね4%ほどの利率銘柄を選んだつもりです。

f:id:yaonenosekai:20191112164324j:plain

無難なところを選んだなぁって自分でも思います。

他のブロガーさんやtwitterの情報を基に選んでいますので、過去の配当金、株価の推移などは調べていません。

あくまでボクが良さそうだと思った銘柄を挙げただけですので、参考にはしないでくださいね(´・ω・`)

中には減配している銘柄もありますので注意してください。

それぞれ100株ずつの買いで購入資金は155万円ほどで配当金は7万円くらい。

今のところ、どの銘柄も高くなりすぎて手が出ません。

三菱ケミカルは配当金を得ようと考えたときから見ていたのですが、その当時760円だったのが、今は875にまでなっちゃった\(^o^)/

今は買い時では無いと思っていますので単価を見ているだけです。

個人的に住友商事は買いやすくて良さそうだと思っています(個人的感想)

人気のJTはEPSを見る限り限界ギリギリの配当なんじゃないかな(汗;

もうちょっと配当銘柄を厳選する必要がありそうですね。

 

当ブログは特定銘柄の購入を推奨していませんので、投資は自己責任でお願いします。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019に投票

八百祢です。

ボクも投信ブロガーの端くれ(だと思っています)

はじめて、投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019に投票しました!

投票したのは三菱UFJ国際投信 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)に5票全振りしました。

ボクの投資の柱になっている投資信託ですからネ。

2019は恐らく米国株式が1位に選ばれるんじゃないかなと思っています。

では、なぜあえてボクは米国株を選ばなかったのか。

それはボクの基本的な投資姿勢は分散投資だからです。

実は以前ボクも米国株に投資しようと思ったことがありました。

そのときにたまたま見たブロガーさんの記事に「米国株に全振りするってことは、分散投資できてないってことです」って記事があったのですよ。

なるほど!って思いました。

ボクはそんなに投資経験があるわけでもないし、勉強しているわけでもありません(オイ

なのーで、一番堅実なバランス型を推しています。

米国がコケたら他もコケる可能性は高いのですけどね(´・ω・`)

「卵は一つの籠に盛るな」でしたっけ?

ボクはそれを基本的な投資姿勢として忠実に守っています。

投資資産公開 2019年11月第2週

八百祢です。

今週の投資状況はどうなったでしょうか。

f:id:yaonenosekai:20191109090225j:plain

特定枠

投資額 2,245,023円

評価額 2,421,120円

損  益  176,097円

 

積立NISA枠

投資額 724,827円

評価額 774,061円

損  益  49,234円

 

今週の株式市場は米ダウ平均が最高値を記録した影響で、日経平均も上がっていました。

なんで上がっているのかボクにはさっぱりわからない/(^o^)\

個別株に手を出そうと思った矢先に値上がりだよ!

高値圏すぎてもはや手が出せないでござる(´・ω・`)

今は銘柄を選んで値動きを見ているだけです。

個別株はおいおい手を出していくとして、バランス型のインデックスファンドはコツコツ投資していきます。

ふるさと納税でお米を入手しました

八百祢です。

今年もふるさと納税をしています。

和歌山から梅干しを貰ったり、宮崎から豚肉を貰ったりしていますが、一番コストパフォーマンスがいいのは米だと思います。

ボクはお弁当を持って会社に行ってるのでお米は必ず使いますからね。

と言うわけで、今回の寄付先は秋田県仙北市あきたこまち

10,000円の寄付であきたこまち10kgを返礼品として貰いました(*'▽'*)

f:id:yaonenosekai:20191107201838j:plain

ボクの父が秋田の出身なので秋田には縁があるのですよ。

今年はあと20,000円ほど寄付できるので、後は秋田県仙北市の米に全振りだな。

今回貰ったお米が10kg、あと2回寄付するとして、合計30kgにもなります。

ボク、3か月で10kgくらいしか食べないんだよね(´ω`)

一人暮らしの寂れたサラリーマンが食べきれるかな(o´□`)o

ま、もし食べきれなかったら実家に持ち込んで食べてもらいますけどね。

 

ふるさと納税について引用します。

ふるさと納税(ふるさとのうぜい)とは、日本に於ける寄附金税制の一つ。”納税”という名称だが制度上の実態は「寄付」であり、任意の自治体に寄付をして、その寄付金額を現に居住する地方自治体へ申告することにより寄付分が控除できる本制度をもって、希望自治体に事実上の”納税”をするというものである。「ふるさと寄附金」とも呼称される 

何もしないと、さも当たり前のように住んでいる自治体に徴収される税金ですからね。

納付先の自治体を変えるだけで返礼品が貰えるわけですから、利用しない手はないですよ!

楽天ふるさと納税なら簡単にできますし、楽天ポイントも付くので絶対にやった方がイイと思います。

正論が常に正しいとは限らない

八百祢です。

堀江氏の発言についての記事があったのですが、これは正論だと思います。

headlines.yahoo.co.jp一言で言うと「現状に不満があるなら自分から動いて変えろ」ってことですよね。

確かに正論です、間違ってはいないと思います。

事実、我らセミリタイアを目指す者としては現状に不満があるので変えようとしているわけですからね。

でもこれって出来る人だから言えることで、言わば強者の理論なんじゃないかなぁ?

世の中には不満があっても環境を変えることができない人がいるのも事実です。

むしろ環境を変えることが出来る人の方が少数派なんじゃないかな?

今の立場を失ったらどうしよう?安定は?将来は?

そんな不安を持ってしまうでしょう。

みんなね、愚痴をこぼして不満を言いながらも生きているんですよ。

できない側の人間はストレスに耐えながら収入を得て生きていくしかないんです。

堀江氏からは「そんなもん甘えです、やってみてから考えろ」って言われるでしょうけどね。

そんなことは分かってる、出来たら苦労しないってのが大半の意見なんじゃないかなぁ?

「だからお前らは搾取されるんだよ」って言われそうですけどねw

でもそうやってストレス抱えながら我慢している人達が世の中を支えているのもまた事実だと思いますよ。

堀江氏の意見は正論ですが、ボクは正しいとは思っていません。

人にはそれぞれの立場があるってことを堀江氏は理解していないからです。

強者には強者の意見が、弱者には弱者の意見があるんですよ。

堀江氏はとても優秀な方ですから、ほんの少しでも弱者側の視点に立った意見も欲しいと思います。

10年履いた靴を買い替えた

八百祢です。

普段の仕事のときは革靴を履いていますが、近場のスーパーに買い出しに行くときに履いていた靴があるんですよ。

もう10年くらい前に買った靴ですが、履きやすくて重宝してたんですよね。

その靴の底がベロっと剥がれてしまった\(^o^)/

やー、前々から寿命が近いなとは思っていたのですが、ついに天寿を全うされました。

ネット通販も考えたのですが、以前に運動靴を買ったときにサイズが合わなかったんですよね(´・ω・`)

靴と服は装備してみないとサイズ感がわからないのでネット通販は止めました。

そんなことで近場の靴量販店に行ってきました。

まず一言、たっけーなおい('A`)

まー、ブランド品とかは高いですよね、当たり前です。

安売りしてる靴はペラペラの靴で、いかにも壊れそうな感じですしね。

普段履きのときは素足に靴を履くので履き心地も重要だし、車の運転もするからスリッポンみたいなサンダル靴は危険だから却下。

Ocean Pacificのスリッポンが履き心地は良かったけど、4,000円近くてちょっと手が出なかった。

デザイン的には好きだったんだけど、スリッポンは運転に危険だしね(´・ω・`)

なかなか安くてイイのがないなぁと思いながら売り場内をうろうろしていたら、目立たないところにセール品があるじゃまいか!

売れ残っている靴が50%OFFとかで売ってるじょ。

KANGOL SPORTと言うメーカーの靴が軽くてデザインも良く、履き心地も良かったので買ってきました!

ちょっと派手目なイエローの靴ですが、ちょい履きにはいいでしょ(*´ェ`*)

これ、派手過ぎて売れなかったんかな?w

お値段1,419円也。

どれくらい持つかわからないけど、靴底がベロンと剥がれるまで履きます。

真面目に年収400が難しい時代になってきた

八百祢です。

最近はネットの記事を転載するばかりになってしまっていますが、一言物申さずにはいられないのです。

今日は地方在住者の悲痛な叫びをご紹介します。

article.yahoo.co.jpスレ主は山形県内在住の正社員。

年収は280万円だと書き込んでいる。「日本終わりすぎ」とのことだ。

これね、首都圏の人には想像もつかないでしょうけど事実です。

スレのまとめも読みましたが、地方在住者の悲痛な叫びで溢れていました。

以下引用。

250が普通レベルだからな。それ以下も全然珍しくない」
「残業含んで額面でやっと300届くかぐらいや」
「20万稼いでも手取り16くらいやからね。萎えますわ」
「ワイ所得税地方税健康保険年金だけ引かれて年収410万手取り275万とかやもん。狂っとるやろ」 

ボクの生息地も月給15万円ボーナス無しとかの求人が大量にありますから、あながち嘘でもないんですよね。

全国一律の最低賃金にしろ!などとは言いませんが、あまりにも地方と都会の格差が大きすぎます。

「都会に出てくればいいじゃん」って都会の人は簡単に言いますが、そんな簡単に出て行けるなら出て行きますよ(´・ω・`)

地方に残らないといけない立場の人もいるんです。

 

話は変わりますが、ボクの友人に金属加工の仕事をしている友人がいます。

東日本大震災の前は東北の小さな工場で仕事をしていたのですが、被災してしまい関東圏に転居したんです。

関東圏で同業種に就職したそうですが、同じ内容の仕事なのに年収が2倍になったそうです。

同じ仕事をしてこんなに収入が違うとは思わなかったって言ってました。

 

地方と都会を同列に語ることはできませんが、地方が疲弊しているのは確かなんです。

地方は都会に比べて生産性が低く、税金面などは都会から集めたお金を地方にバラ撒いている状態。

だからこその格差なんだとは思うんですけどね(´ω`)

今はまだ目に見えた実害はありませんが、いずれ大きな問題になってくるんじゃないかと思っている八百祢です。