八百祢の世界 ~東北の魔法使いセミリタイアを目指す~

普通のサラリーマンが3000万円貯めてセミリタイアを目指しています。

アベノミクス

日本経済について私なりの考察を入れて語ろうと思います。

アベノミクスはもう死語になってしまいましたかね。

大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略。

これがアベノミクス3本の矢です。

これを行うことにより、トリクルダウンが起こることを狙っていました。

トリクルダウンとは「富める者が富めば、貧しい者にも自然に富が滴り落ちる」と言う理論

図にするとコレ。

平均株価や求人倍率などを総合的に考えると、大企業や裕福層はその恩恵を受けていますね。

さて、ここで問題なのは中間層や庶民層です。

実感としてどうですか?

恩恵を受けていますか?

たぶん、ほとんどの人が恩恵を受けていないと答えると思います。

つまり、アベノミクスは効果がなかった、と言う結論になってるわけですね。

私もちょっと前までは同じように考えていました。

でも、トリクルダウンは起きていたんですよ。

日本国内ではなく、国外でね。

どういうことかって言うと、大企業の製造拠点は国外にあります。

大企業が潤い、それを国外の製造拠点に発注する。

国外でトリクルダウンが起きる、と言うわけです。

ユニクロを例に挙げると、生産拠点のあるカンボジアベトナムで、トリクルダウンの恩恵を受けた人が多数います。

グローバル経済とはよく言ったもんで、世界規模で考えないとダメなんですね。

日本の製造業がトリクルダウンの恩恵を受けるためには、賃金の安い諸外国と争わないといけない。

悔しいけど悲しいけど、日本の製造業が復活するのは難しいのかな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ