八百祢の世界 ~東北の魔法使いセミリタイアを目指す~

普通のサラリーマンが3000万円貯めてセミリタイアを目指しています。

セミリタイアします【上司ブロック】

八百祢です。

上司に退職の意思を告げたのですが、案の定上司ブロックが入りました。

金曜日に部長がボクの元を訪れ意思確認と言うか、内容確認のようなものをされますた。

 

部長「辞めたいと言うことだけど、次は決まっているのか?」

ボク「いえ、早期退職なので次は決めていません」

ここは会社に対して文句があるわけでもなく、辞めるのはこちらの都合と言う意味合いで早期退職と言いました。

実際は文句もあるし精神的にも限界でもあるのですが、ここは大人の対応。

 

部長「若いうちからプラプラするのは人間としてどうかと思うぞ?」

ボク「20代の頃からの夢なんですよ」

はい、一般論いただきました。

セミリタイアを理解してもらおうとも思ってないので、「夢だったんです」の一言で取り付く島を与えない作戦。

 

部長「会社に対して恩とか義理とか感じないのか?」

ボク「それは少しはありますが、早期退職は夢だったので」

はい、次は感情に訴えてきました。

ここでも「夢だったんです」で押し通す。

心の声「雇用は契約行為なので恩とか義理で仕事してるわけじゃねーよ」

心の声「だいたい、恩や義理を感じないのかと言うならそれくらい給料払ってから言え!採用してくれてありがとう!とでも言えってか?」

 

部長「八百祢くんには期待してるんだから」

ボク「そう言っていただけるとがんばってきた甲斐があります」

はい、またしても感情に訴えてきましたー。

心の声「期待してるって言う割に月給20万円だったけどな」

心の声「万年平社員だし期待してると言うような待遇を受けた記憶は無いな」

 

部長「月曜日にまた来るからそれまでもう一度考えてくれ」

ボク「・・・・」

 

ここまでテンプレ。

 

予想通りと言うかテンプレのような会話でしたね。

ま、セミリタイアするのに辞めるなんて言ったヤツは今まで居なかっただろうしね。

部長としてはテンプレのような一般論で諭すしかないのでしょう。

以前に辞めた人に話を聞いたのですが、「辞めるなんて不誠実だ」などと言われたとのことでした。

辞めるのは労働者の権利であって、不誠実もへったくれもないわ。

ま、そんなことをいう会社に長く勤めるなんて精神擦り減らすだけでロクなことにならんと思うのですよ。

月曜日に再度部長と話し合いをしますが、「夢だったので」で押し通そうと思っています。

下手に言葉でやっつけてもイイ結果にはならないだろうとは思っていますが、何か言ってやりたいと思うのもまた事実。

何かぐうの音も出ないような返し言葉は無いすかね?w

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ