八百祢の世界 ~東北の魔法使いセミリタイアを目指す~

普通のサラリーマンが3000万円貯めてセミリタイアを目指しています。

俺氏、退職が!   決まらない(´・ω・`)

f:id:yaonenosekai:20200603064452p:plain

八百祢です。

先日、上司に退職したい旨を伝えたところ、再考を促されていました。

辞めるという決意が変わることはないとは思ったのですが、ここで突っぱねるのもどうかと思い、2-3日検討するとしていました。

yaonenosekai.hatenablog.comんで、21日の昼休みに再度上司と面談し、退職をしたいと申し入れました。

上司は非常にがっかりしていましたが、「八百祢君の意思がそこまで固いならしょうがない」と上役である部長・取締役に話を上げてくれました。

同日15時過ぎ、上司、部長、取締役を交えて再度面談しました。

部長は空気なので放っておくとして、取締役から、またしても再考を促されてしまいました(´・ω・`)

取締役は先日の飲み会での話を持ち出し、社長のお気に入りである八百祢君の退職を伝えるのはツライとのこと。

あー、そういえばそんな事もあったね(´ω`)

yaonenosekai.hatenablog.com

飲み会の席で突然社長に呼ばれて隣に座らせられて、仲良く歓談した事があったわ。

その時に社長から「俺は八百祢くんが好きなんだよ」って言われたんだっけ。

再考しても変わりませんよ?と何度か伝えたのですが、そこを何とかと慰留されてしまい、退職決定とはなりませんでした。

うーん、会社を辞めるのって労力がいるんだなぁ(´・ω・`)

 

ボクは今まで2回ほど会社を辞めていますが、自己都合退職って1度もないから、退職の方法がわからないんですよ。

1度目の退職は業務縮小による退職。

このときは転勤を促されましたが、会社の未来に希望を持てなかったため退職しました。

2度目の退職は東日本大震災により勤務先が廃業することになったための退職。

どちらも自分の意思とは関係なく、どちらかと言うと外部からのアクションで辞めているパターンなんです。

自己都合退職って面倒なんだなぁと思った八百祢さんです(´・ω・`)

 

さて、今回の退職に向けての記事をぽすとさんに引用されてしまいました。

ぽすとさんのブログは週に1度くらいですが見させてもらっています。

舌鋒鋭くブログを書かれている方で、ぽすとさんの絵を見るのが割と好き。

20代の投資家さんとのことで、若いのにすごいなと思っています。

んで、Twitterでの突っ込みの件ですが、若い方ならではの突っ込みだなぁと思った次第。

それが悪いと言うわけではなくて、若いころはこれくらい活力に溢れている方が望ましいですよ。

ガッ、年を重ねると色々なしがらみが出てきて、自分の思ったことすべてを喋るわけにはいかんのですよ(´・ω・`)

言論の自由は思想の自由よりテリトリーが狭いというわけです。

都会に住んでいて会社を辞めてしまえば一切かかわることがない、と言うなら言いたい放題言えますが、ボクのように田舎に住んでいて、退職後もかかわる必要がある地域ですと尚更言うわけにはいかないのです。

言いたくても言えない事情もある。とだけ思っていただければ幸いです。

ま。辞めていく会社の改善点を教えてあげるほど、ボクは優しくないというだけかもしれませんけどね(・∀・)