八百祢の世界 ~東北の魔法使いセミリタイアを目指す~

普通のサラリーマンが3000万円貯めてセミリタイアを目指しています。

会社を辞めることにしました(7)

f:id:yaonenosekai:20200722064338p:plain

八百祢です。

今まで数回に渡り「会社を辞めることにしました」シリーズを書いてきました。

事の発端は”会社がボクを評価していない”と言うことを”先輩”から聞いたことです。

yaonenosekai.hatenablog.comまぁ、そこまで疎まれているなら心を殺して残る必要もないよね、別に愛着もないし(´・ω・`)

ってのが動機だったのですが、ちょっとおかしな感じになってきました。

コロナの影響で延期されていた営業部の新人歓迎会が先日行われ、そこに社長と専務、営業部の取締役も出席し計15名ほど集まりました。

本来は部署の飲み会なので社長・専務は出席しないのですが、今回は出席して頂けた模様。

まぁどちらにしてもあまり関わりたくないので、席の端っこに座り、お酒の注文取りをしていました。

宴会も盛り上がってきたころ、社長に突然声をかけられ、隣席に呼ばれました。

何か苦言でも言われるのかと思ってビクビクしていたら、専務や取締役も居る中で「俺はね、いつもがんばっている八百祢くんが好きなんだよ」って言われますた。

( ゚д゚)ポカーン

あれ?ボクは会社の上層部から疎まれていたんじゃないの?

それで先輩を通じて指導が入ったと思っていたのですが、なんか聞いてた話と違うんですが?

f:id:yaonenosekai:20200722064859j:plain

内心では(´?ω?`)となりながらも、社長と趣味の話などをして盛り上がりました。

 

その時は酔っていたのでわかりませんでしたが、後になってよくよく考えてみると、直属の上司から”会社は君を評価していない”と言われるならわかりますが、先輩から言われるのっておかしくね?

社長以外の上層部(例えば専務とか取締役)あたりが言ってるのかもしれませんが、飲み会の席とは言え、社長がみんなの前で八百祢くんが好きなんだよ発言は意味が大きいよね。

”評価していない”発言、これは深読みした先輩の暴走かもしれないと思い始めました。

先輩はとても気分屋な人で、機嫌がイイときは普通なのですが、機嫌が悪いと腫れ物に触るような感じの人。

直属の上司ですら、先輩に話しかけるのが嫌だと言うくらいだしな(ι´ェ`)y-~

なので上司は困ったことがあると、先輩ではなくボクに相談してきますから、先輩としては面白くないでしょうね。

もしかするとこれは、僻みでボクに冷たく接していた可能性もアリエール?

 

とりあいず自分の頭の中だけでは整理できそうもないので、連休中に恋人さんに意見を求めてみますわ。