八百祢の世界 ~東北の魔法使いセミリタイアを目指す~

普通のサラリーマンが3000万円貯めてセミリタイアを目指しています。

自己紹介(1)

はてなブログに移行して過去の記事を眺めていたら、自己紹介をしていないことに気が付きました。

今までの読者様、はじめましての読者様、私は八百祢(やおね)と申します。

東北に生息しているサラリーマン♂(44)独身です。

隙あらば自分語りをしてみます。

 

子どもの頃は特に語ることもないので割愛(゚o゚ )

専門学校を卒業し、20歳で社会人となりました。

当時はバブル崩壊直後で就職難でしたが、10社くらい受けて一部上場企業の子会社に就職しました。

割りと残業の多い職場だったので年収350万円から400万円くらいだったと思います。

駄菓子菓子、初めて親元から放たれて好き放題やったので、貯金なんてまるでしませんでした^p^

毎日酒を飲んで遊び歩く生活、車もポンポン交換しましたね。

そんなときセミリタイアをしていたS氏を紹介され、セミリタイアと言う言葉を知りました。

当時は「ふ~ん」程度にしか思っておらず、特に思うところはありませんでしたけどね。

27歳のころ、勤めている会社の事業所が閉鎖されることになりました。

転勤を打診されましたが、会社の未来に希望を持てなかったため退職することにしました。

再就職先を探すもなかなか就職も決まらず、当時お付き合いしていた女性(3歳年上の新聞記者)にもフラれ、失意のまま地元に帰ってきました。

地元に帰ってきて衣食住が確保されたため、半年ほどかけて就職先をみつけました。

年収300万円でしたが、実家暮らしだったので不自由はなかったです。

あー、このまま平凡な生活を送るんだろうなーと思っていた37歳の時、東日本大震災により勤務先が廃業することになり職を失いました。

あの震災の後ですからなかなか就職も決まらず、当時お付き合いしていた女性(5歳年下の製薬会社勤務)にもフラれました。

20代の無職の頃はこの世の終わりくらいに悩みましたが、30代の無職の時は不思議と悩まなかったですね。

震災の影響での失職のため失業給付が1年半ほど貰えてたのと、そこそこの資産を持っていたのは大きかったですね。

心とお金にゆとりがあったため1年半ほど再就職先を探し、今の会社に就職し現在に至ります。

 

自己紹介(1)では八百祢の半生を語りましたが、なかなか波乱万丈だのー。

自己紹介(2)があれば、お金の話をしようかと思います。