八百祢の世界 ~東北の魔法使いセミリタイアを目指す~

普通のサラリーマンが3000万円貯めてセミリタイアを目指しています。

面白いツイートがあったので不動産会社勤務が深掘りしてみる【前編】

八百祢です。

先日面白いツイートがあったので、それを深堀りしてみたいと思います。

元ツイがこちら。

入居前にやることから行きます。

①相見積りを取る

これについてはご自由にどうぞですが、ぶっちゃけあまり変わらないと思います。

賃貸物件を借りる場合に不動産会社・管理会社・大家の三者が関係してくるのですが、相見積りに関しては不動産会社の領分になってきます。

元々かかってくる初期費用は管理会社や大家が決めているため、不動産会社に交渉しても無駄です。

場合によっては不動産会社から管理会社に消臭費用などを交渉してくれる場合もありますが、面倒くさいのでやってくれないと思います。

せいぜい仲介手数料10%引きとかそれくらいだと思うので、労力に見合わないと思います。

 

礼金を交渉してみる

これは可能です。

礼金とは昔の風習で「貸してくれてありがとう」と大家に払うものです。

現在は礼金が発生する物件は少なくなってきていますが、大家がOKすれば礼金の減額、礼金ゼロも可能です。

 

③火災保険は自分で加入

これもご自由にどうぞですね。

以前の記事で書いたことがありますが、入居に際して必要な補償が指定されているはずです。

その補償をつけてくれるのであれば自分で入っても問題ありません。

んでも実際は数百円くらいしか安くならないうえ、建物の構造や築年数などを調べないといけませんので、これも労力に見合わないと思います。

yaonenosekai.hatenablog.com

 

④仲介手数料をゼロに交渉する

これは無理です。

仲介手数料は不動産会社の報酬になりますので、ゼロにすることはほぼ不可能です。

法律的には借主貸主双方から家賃の0.5ケ月分x消費税ずつ不動産会社に払うようになっていますが、借主の同意があれば1か月分x消費税の仲介手数料になります。

ですが、ほとんどの不動産会社が借主から1か月分x消費税を貰っていると思います。

減額交渉は不可能ではありませんが、不動産会社の報酬が減るので嫌がられます。

 

⑤法律で認められてないものは断る

これは可能です。

たとえば消臭作業や虫駆除などがあたると思います。

必要ないと思えば断れますが、これは管理会社の取り分になっていると思うので断ってしまうと嫌がられます。

 

以上のように色々な交渉をすることは可能ですが、必ずそれが通るわけではありません。

あまり嫌がられることを主張すると不動産会社から仲介を断られる場合もあります。

法律で決まっているからと仲介手数料を0.5ケ月分しか払わないなどと強弁したりすると、不動産会社は貸主に請求するようになりメンドクサイのです。

こういうメンドクサイことを言ってくる人は入居後もゴネてくるパターンが多く、不動産会社としてはメンドクサイ人はなるべく入居して欲しくないものです。

「保証会社の審査が通らなかった」などと言って、やんわり断ってきます。

もしくは「ウチでは難しいので他の不動産会社をあたってください」とキッパリ断られる場合もあります。

はっきり言って、不動産会社は人を見ます。

無職が賃貸を借りずらいのも、滞納の可能性があるため、保証会社の審査すらせずに不動産会社で蹴っているパターンが多いですね。

揉め事を持ち込んでくる可能性のある客はつけたくないのですから。

 

※ボクはメンテナンスが専門で賃貸契約が専門ではないため、もしかしたら間違っている箇所もあるかもしれません。

また、地域によって差がある場合もあります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ