八百祢の世界 ~東北の魔法使いセミリタイアを目指す~

普通のサラリーマンが3000万円貯めてセミリタイアを目指しています。

サービス残業時間を計算してみた(2020年7月分)

f:id:yaonenosekai:20200304130948p:plain
八百祢です。

先月に続き、今月もサービス残業時間を計算してみました。

コピーした勤怠記録を基にサービス残業時間を集計。

我が社の就業時間は8:15から17:15までとなっておりますので、1分でも過ぎた分はサービス残業時間として計上しております。

今月はちゃんと残業申請して認められたのが多かったので、サービス残業は少なかったです(ι´ェ`)

「残業申請するの??」なんて言われたりもしましたが、お構いなしに申請しますた。

さぁ、7月分のサービス残業時間は!!1

ダララララララ・・・・

ジャーン!

8時間20分のサービス残業となりました。

残業として認められた時間は14時間15分です。

残業代は1時間1,993円なので、サービス残業で受け取れない金額は16,608円、残業代として支給される金額は28,400円となりました。

ボクは事務系の社員なのでそんなに残業が多くありませんが、現場の人は大変なんだよね。

月に100時間近い残業をし、数か月1度も休みなしなんてのがザラにあります。

 

建設業は慢性的な人手不足で仕方ないのでしょうが、これじゃあますます若い子が入ってこないし、入ってきても辞めちゃう気がする(´・ω・`)

だって、もっと体力的にラクでお金になる仕事がいっぱいあるもん。

以前の建設業は3Kと言われ、待遇が「きつい (Kitsui) 」「汚い (Kitanai) 」「危険 (Kiken) 」でした。

今は4Kだなってスラング的に言われています。

「きつい 」「汚い」「危険 」「給料が安い」だそうな(´・ω・`)

一級建築士を持っている20代後半の男の子にそれとなく給料を聞いたのですが、手取りで16万円だそうです。

有効な資格があるんだから、辞めて他に行けと言っておきました(ι´ェ`)y-~

一級建築士を持っている20代後半なんて引く手数多ですよ。

建設業もインフラの一つと言われ、災害復旧や整備などに欠かせない業種なんですけど、なんでこんなに待遇が悪いのか(´・ω・`)