八百祢の世界 ~東北の魔法使いセミリタイアを目指す~

普通のサラリーマンが3000万円貯めてセミリタイアを目指しています。

お金の話は下品なの?

f:id:yaonenosekai:20191212090209p:plain


八百祢です。

ヤフーニュースを見ていたら、前澤氏についての考察が出ていたので見てました。

前澤氏と言えば破天荒な方ですから、好き嫌いがハッキリわかれると思います。

「1000億円を通帳に記帳してみた」とか、「3億8000万円のスーパーカーをミニカーを買う感覚で即決購入した」とかね。

当然アンチもいるわけですから、何かすれば批判されるでしょうね。

そんな感じがした記事を引用します。

headlines.yahoo.co.jp

「金を持ってるって言った時点で下品」なんだってさ。

まぁ一理あるとは思いますが、これは前時代的だなーと思いました。

そりゃね、お札に火をつけて明るいだろう?と言えば下品だと思いますよ。

でもお金の話をすることって悪い事なんでしょうか?

お金=下品とするのは、ちょっと違うと思うし、そう言う考え方が根底にあるとマネーリテラシーが低くなります。

実際日本はお金の話をすることはタブーとされていて、お金の話をしようものならこのように叩かれてしまいます。

生きていくのには絶対にお金が必要なのに、その稼ぎ方、増やし方、使い方の話をみんなが避けています。

これじゃ日本人のマネーリテラシーが上がらないわけだわ。

経済的自由は精神的な自由に繋がるし、人が生きていくのにお金の話は避けて通れません。

そろそろ脊髄反射で「お金=下品」と結びつける慣習を見直した方がイイとボクは思うな。