八百祢の世界 ~東北の魔法使いセミリタイアを目指す~

普通のサラリーマンが3000万円貯めてセミリタイアを目指しています。

仮交際中のMさんとディナーしてきました

土曜日の夜に仮交際中のMさんとディナーしてきました。

Mさんが6月多忙とのことで、お出かけデートが出来ないことから、私が先方に出向きディナーしてきたわけです。

お見合い、ランチデート、ディナーデートと3回ほどお会いしています。

このまま食事デートをしても何も進展しなそうなので、軽く探りを入れてみました。

八百祢:「何度か私と会っていますが、このままやっていけそうですか?」

Mさん:「んー・・・・、八百祢さんて本心で喋ってないですよね」

ん?どういう意味だろう?

私はいつも嘘偽りなく本心で喋っているんだけど、Mさんにはそう思えないのかな?

Mさん:「いつも敬語だし、八百祢さんのことが良く分からない」

相手に対して敬語なのは、八百祢が営業を仕事にしてるから職業病なの('A`)

Mさん:「もうちょっと会ってみないとわからない」

うーん、これは想定外の回答だった。

八百祢の妄想的には「八百祢さんは正直でイイ人だと思います」とか言ってくれると思ったんだけどね(´・ω・`)

そんなに甘くはないねw

まぁ、もうちょっと会ってくれるってことは、まだ挽回の余地はあるってことだーね。

でもなー、本心で喋ってないって言われて、そこからどう挽回すればいいのがわがんね(´・ω・`)

八百祢的には目一杯本心で喋ってるし、行動でも示したつもりだしさ。

素の自分を見せるっても、何を見せればいいのやら。

好意がなかったら60kmも離れたところにディナーするためだけに行かないじゃん?

もっと、「好きです、愛してます」とか言って、リア充っぽく迫ればいいのかな?

恋愛経験の少なさがここに来てボディブローのように効いてきた。

いまいちどう接していいのかわからない八百祢でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村