八百祢の世界 ~東北の魔法使いセミリタイアを目指す~

普通のサラリーマンが3000万円貯めてセミリタイアを目指しています。

無能ではない無能者

世の中には、無能ではないのですが、無能な人がいます。

ちょっと意味不明な言い回しだと思うので少し説明しますね。

私の先輩なのですが、仕事を一生懸命やっています。

ですが、その仕事のやり方に問題があると私は思っています。

例えば調べ物をしているとして、文章の検索などはCTRL+Fで検索すれば簡単なわけですが、それを文章の最初から読んでいきます。

例えば文書を作るとして、以前に作った文書を残しておけば日付と名前を書きかえれば援用できますよね。

駄菓子菓子、その文書を保存した場所が判らなくなり、毎回、最初から文書を作ったりしています。

傍目には仕事を一生懸命しているように見えますが、効率がすこぶる悪い。

たまに横から仕事の様子を見ることがありますが、私がやれば20分で終わる仕事を2時間かけてやっている模様。

口を出せば自分に火の粉が降りかかってくるので見て見ぬふりしていますけどね。

や、私に迷惑がかからなければ何をしてても文句は言いませんが、効率の悪い仕事をして忙しさをアピールするんですよ。

忙しいを口実に、上司から振られた仕事を華麗にスルーするので、それが私に押し付けられます。

本人は一生懸命やってるつもりなんすよ、それだからタチが悪い。

日本の労働環境では、まだ、成果主義にはなっていません。

同じ仕事を10分で終わらせる人と、1時間かかる人、会社の評価は後者が高かったりする。

愚痴になってしまいますが、こんな人と一緒に仕事をするのはとても疲れます。

でも、やはり経験は私よりも多いし、一部では優秀な人なので、邪険にすることも出来ません。

私にはまだ経験が足りませんので、足りない分は上手く先輩を使うしかありません。

私が判らないことを聞くこともありますしね。

無能ではない無能者、あなたの職場にも居ませんか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村