八百祢の世界 ~東北の魔法使いセミリタイアを目指す~

普通のサラリーマンが3000万円貯めてセミリタイアを目指しています。

賃貸vs持ち家

今まで幾度と無く話題になり、解決が見えない話題。

賃貸と持ち家、どっちが得なの?って話。

犬派vs猫派、きのこvsたけのこ くらい不毛な話しだなと思いますよ(笑)

私的考察から結論を導くと、「その時の状況による」んじゃないかなと思います。

一昔前、私の親が子育て世代だった頃、今から30年くらい前かなー

その頃は家を持つことがステータスだったようですが、今は時代が変わり、生活パターンも多様化してきました。

そこでタイトルのような論争が起きるわけですね。

持ち家派の理論としては

ローンの支払いが終われば家は自分のものになり、住居費を払わなくても済むようになる。

これが一番大きいのかな。

賃貸はいつまで経っても賃貸だしね。

駄菓子菓子、賃貸派の私としては、賃貸はそんなに悪いものなのか?という事を提唱したい。

賃貸の最大のメリットは転居が簡単なことです。

家賃が高いと思えば安いところへ、変な住民が近隣にいたら別なところに引っ越せばいいのです。

私の会社は転勤はありませんが、転勤も容易なのがメリットですね。

逆に言えば「転勤させられる」と言うのがデメリットかもしれませんガッ。

わりと話題に出てくるのが、高齢になったときに住居を借りられるのか?って話があります。

ま、今、その問題が結構あって小さいニュースにもなったりしています。

これから超高齢化社会を迎えるにあたって、その辺は解消されるのではないかと思っています。

持ち家を持たない高齢者が入居しやすいようなセーフティネット、というか保証のようなサービスが出てくると思います。

日本は借主を保護するあまり、それが逆にデメリットになり、借り難くなっているのですよ。

法律上、大家は簡単に借主を追い出すことが出来ません。

そのために大家は借主を選別しているわけで、ここに高齢者が部屋を借り難い原因があります。

孤独死されると困るから。

でも、これからの超高齢化社会少子化問題、家余りの状況から推察するに、将来的にはもっと借り易くなるのではと考えています。

そしてそれを保証するようなサービスが必ず出てきます。

そんな住宅事情から考えると、賃貸の方がメリットは大きいのではないか、と考えるわけです。

新築の家を買うという事は、30年以上ものローンを組むという事で、大きな負債を抱えるわけです。

東芝やシャープと言った大手企業ですら将来展望が怪しい昨今、30年と言うローンは怖くて組めません。

住宅ローンを組む人は勇者だなと思いますよ、私は。

高齢化社会になり、これから家余りの状況になってくると思われます。

程度のいい中古住宅も市場に出てくるかもしれません。

私的考察としては、今は賃貸に住みながらお金を貯めて、将来的に安くなった中古住宅を買うと言うのが一番かなと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ